~あそびの塾~ 

       【四国中央市・みすゞ塾           


◇合同開講式=2018年1月21日(日)川之江・三島地域稽古場で行います。

◎一回目レッスン

◇土居クラス=  1月20日(土)(土居地域稽古場)

◇川之江・三島クラス=21日(日)(川之江・三島地域稽古場)

 (※詳細は、17、18日頃までにご本人宛て郵送します)


          愛媛新聞 2017年12月26日(火)

                    塾生は、参加費として会費が必要です。

               一般公募=出演者募集のオーディション合格者は参加費不要です。

                         四国中央市・みすゞ塾 ⇒ お問合せ・申し込み ⇒ こちら からメールでお願いします。


「みすゞ塾」を開講するにあたり    田辺国武

「みすゞ塾」は、表面的な演技の上達だけが目的ではありません。上手、下手という言葉とは無関係な時間の中で、自分が認められ、褒められながら個々の人間力を高めていきます。そして、5年、10年後には、優しい眼差しの大人として、文化的な社会を構築して、次の世代へと繋いでほしいと願っています。

 賑やかで楽しいだけの稽古場からは、「心に沁みるお芝居」は生まれません‼ 自由な発想と創造力を駆使した面白さが重要です。また、豪華な大道具や衣装、派手な照明などは、視えるモノ以外には成り獲ず、単なる一過性の「娯楽という消費活動」に過ぎません。心の奥底に永く刻印されるであろう「文化としてのお芝居」は、みんなで真心こめ、力合せた「手造り作業」がもっとも大事な要素です‼ 

「みすゞ塾」で、初めに取り組むことは、「大きい心の宇宙」と、「間違った呼吸法と自己流の演技の修正」、「歌と語りの違い」など、未来に繋がる意義のある内容で一人一人に合わせて進行します。身体面で特に大切なのは、正しい呼吸法です。声が嗄れるという現象は、声帯に異常な負担がかかる間違った呼吸法によるものです。声帯を大切にする正しい呼吸法で、幾つになっても美しい声が出せるということは、意思伝達でも大いに役立ちます。言葉の力は、声の大小ではなく、強弱による変化で、想いの強さを伝えることが出来ます。また、心理面では、心に宇宙を取り込むことによって、ストレスに負けない大きい心が生まれて脳細胞の退化を防ぐことになり、いつまでも心身共に元気を維持することが出来るようになります。ふるさと四国中央市が、ますます心豊かな街として発展してほしいと思います。


2018~2020「四国中央市・みすゞ塾」

~心の架け橋・三ヶ年プロジェクト~ 

                 

                     目 的       

                  心に沁みる芝居つくり

               子どもたちの心が育つ環境つくり

                 「劇団 蕪っこ」の心を繋ぐ

 

はじめに

近年、子どもたちを取り巻く環境は大きく変化し、特に出生率の低下に伴う少子化は重要な社会問題になっています。少子化は経済や社会保障などにも影響を与えるばかりでなく、子どもたち同士の交流の場の減少や親の過干渉などにより、子どもたちの社会性や協調性が育ちにくくなるなど、子どもたちの成長に大きく影響しています。このような状況の中、21世紀を担う子どもたちが健やかに育つ環境づくりが、大人たちが取り組むべき緊急課題だと思います。その手段の一つとして、「心に沁みるお芝居創り」を提案します。

 遊びの塾

夢を見ることの大切さ、生きていることの素晴らしさ、心と心が触れ合う喜び、人間本来の幸せを実体験できる出会いの場、それが【演劇】です。新しく出会った子どもから大人までが、みんなで一つの作品を創り、演じ、鑑賞し、胸をときめかせ感動を分かち合いながら、心の力を蓄積することが出来ます。人間と人間が直接触れ合い、支え合って共に困難を乗り越えながら他者への思いやりや優しさを育んで行く実体験は、生きていることの実感として、感動と共に心に刻まれます。

芝居創りを通して、子ども時代に体験した一瞬の夢が心の奥底に棲み付き、いつの日か大人になった時、目の前の困難を乗り越えるための大きな勇気と力に変わります。

 地球は優しい

「地球」に共生している鉱物、動植物、人間は、すべて地球から生まれた。「地球」は、生みの親であり、全てのモノは地球という優しいお母さんに抱かれて生かされている。人間が文明を発達させた結果、空気と水を汚し、自然のリズムを狂わせて異常気象を呼んだ。すなわち、お母さんという地球を傷つけてしまったのである。このままでは、やがて人間が住めなくなるという危機感から慌てて叫んでいるのが、「地球に優しく」という言葉であるが、本質を言い表した言葉ではない。地球というお母さんは、傷つけられてもすべてのモノを生かし続けてくれている。このあたりで、昔、文明が発達する以前にそうであったであろう「地球は優しい」という眼差しにもう一度変わらない限り、地球というお母さんの優しさが続かないかも知れない。

場所を選ぶことが出来ない新しく生まれる生命のために、今を生きる子ども達には、新しい生命がどこに生まれても安心して育つ事が出来る環境づくりを考える大人になって欲しい。

恵みの雨~              

人間は感動すると温かい涙を流し、悲しいと冷たい涙を流す。その一部は蒸発して空に昇り雲になって、恵みの雨となって地球へ戻って来るまでに80年、雪になって戻るには90年掛かると言われている。感じ方ひとつからから、真の優しさが生まれてくる。自然の優しさを感じる心を大切にしてほしい。

 ~心の架け橋

  瀬戸大橋・瀬戸内しまなみ海道・神戸淡路鳴戸自動車道によって、四国と本州と結ばれ、また、Xハイウェイの開通によって、四国四県が高速道路でつながりました。そのハイウェイが交差する点が、故郷・四国中央市です。文明が進み、橋と道路が人々の生活をつなぎあわせ、どこへでも便利に行き交うことができるようになった今、繋がなければならないのは、「心」です。

 二十一世紀を生きる子どもたちのために、一つのプロジェクトを成功させることによって、心が一つになり、郷土を愛し、人を慈しむ、そんな自然も人も豊かな、世界に誇れるふるさととしての四国中央市が、新たに構築されることを心より願っています。

               

               四国中央市ふるさとアドバイザー

                     田 辺 国 武

              田辺・経歴書 ⇒ こちら  田辺・身上書 ⇒ こちら

           お問合せ⇒HP:https://www.mikan0902.com (演劇集団 座・東京みかん)

                   

                   募集要項

□クラス編成 (クラス選択は自由です・複数も可・人数により合同クラスの場合もあり)

川之江・三島地区クラス (福祉会館・川之江市民会館他)

◇みすゞ塾・みかん組  小・中学生、高校生の男女。経験不問。

  〃   たなべ組  高校生以上、75歳位までの男女。経験不問。

土居地区クラス(土居庁舎会議室・ユーホール会議室他)

◇みすゞ塾・蕪っこ組  小・中学生、高校生の男女。経験不問。

       〃      たなべ組  高校生以上、75歳位までの男女 経験不問。

参加費として、会費が必要です。

みかん組・蕪っこ組 会費 月額 2000円(六ヶ月毎前納)

たなべ組:            会費 月額 3000円(六ヶ月毎前納)

発表会費:10,000円(開催時)

入会金・その他: なし。

 

参加資格:四国中央市在住、小学生から75歳位まで、男女。経験不問。

稽古日

みすゞ塾・みかん組: 土曜日、日曜日 何れかの午後・夕方 約1.5~2時間

みすゞ塾・蕪っこ組:    〃      〃             〃

みすゞ塾・たなべ組: 土曜日、日曜日 何れかの夜間 約2.5~3時間

場所:市内各地域の施設。

備考

※毎月一回の稽古を基本、発表会直前は、5回程度追加、および合同稽あり。稽古回数が増えても会費の額は変わりません。

※2018年1月開講⇒2020年まで、希望者継続可。

詳細は、申込者へ直接お知らせします。

講師:田辺国武(四国中央市ふるさとアドバイザー・演劇集団 座・東京みかん代表)

協力:★丸山ひでみ(女優・演劇集団 座・東京みかん)石川洋一(四国中央市ふるさとアドバイザー)★戒田節子(南海放送アナウンサー)

丸山ひでみさん他、座・東京みかんのメンバーが、応援参加します。

石川洋一さん、戒田節子さんは、特別講師として協力参加します。また、公演へ応援出演の可能性もあります。

協力:☆和田裕美子(劇団蕪っこ・団長夫人)☆和田茜里(元劇団蕪っこ)☆池北美絵子(元劇団蕪っこ)☆中川亜希子(みすゞ塾)

☆杉浦良子(しこちゅーみかん)☆西山由美子(しこちゅーみかん)☆石川真美宣伝美術・しこちゅーみかん)

後援:未定 協賛・協力(予定):本田洋行、しこちゅーみかん 他

 

応募方法:下記の申し込み先へ電話、メールで申し込む。詳細は、申込者本人へお知らせします。

申込み〆切日:お問合せください。

お問合せ・申込先

          ①四国中央市教育委員会 文化振興課 0896-28-6043

           ②四国中央市・みすゞ塾事務局 090-6882-3308(池北)

           ③演劇集団 座・東京みかんホームページ ⇒ こちら

発表会予定 

2018年「小さな発表会2018」   ※開催時期は、学校等のスケジュールに合せて決めます。

2019年 「小さな発表会-2019」  ※   〃        〃       〃

公演予定‐1 (一般公募あり)

   「この街で~あなたと一緒に~

     または「金子みすゞの世界-2019」(みすゞ発表会と合同になるかも知れません) 

      2019年8月~11月 

公演予定‐2 (一般公募あり)

   「新・風船爆弾を作った日々 ~しゃぼん玉、宇宙までとばそ!~

      2020年8月~11月 ~終戦75周年~

 

     =新文化ホール、土居文化会館、市内地域各施設= 

 

□ 国中央市・みすゞ塾上演実績

第一期: ①「小さな発表会2012」8月26日(日)中之庄公民館

              「金子みすゞコンサート」~語りと歌と踊りによる~

     ②「金子みすゞの世界‐20弾~ふるさとの歌・こだまでしょうか・鰯のお弔い~

       主催:四国中央ふれあい大学 土居文化会館(演劇集団座・東京みかん第14回公演)

第二期: ③「小さな発表会2013」9月 1日(日)中之庄公民館

             「ひばりのこどもたち」「金子みすゞコンサート」

第三期: ④「小さな発表会2014」8月24日(日)中之庄公民館

         「二十四の瞳」「金子みすゞコンサート」

     ⑤「風船爆弾を作った日々~しゃぼん玉、宇宙までとばそ!~

       主催:四国中央ふれあい大学 土居文化会館(演劇集団座・東京みかん第20回公演)

第四期: ⑥「小さな発表会2015」8月22日(土)~23日(日)中之庄公民館

        「ブンナよ木からおりてこい」「金子みすゞコンサート」

第五期  ⑦「小さな発表会2016」:8月28日(日)中之庄公民館

        「おなご先生と12人の子どもたち」「金子みすゞの世界」  

                                     2017年12月20日





2012年~2016年 「みすゞ塾」に5年間在籍した母と子の声

   勺代真凛           中川舞羽

勺代真凛 

 5年前に「みすゞ塾」に入って色々な事を学ぶ事が出来ました。学校のような勉強する場所とは違うけれどたくさんの事を“学べる場所”でした。友達と協力して一つの舞台をつくる事や、正しい声の出し方など人間として色々学びました。最初は、右も左もわからず流されるままやっていましたが、何回か練習や公演を重ねると自分で行動したり周りを引っ張ったりなど、自分にも出来ることが増えました。学校では出来ない事を「みすゞ塾」でやってみるのもいい経験になると思います。一緒にやってみませんか?

中川舞羽 

 私は、みすゞ塾で学んだことはたくさんあります。演劇の素晴らしさだけではなく、人としての生き方や仲間の大切さなど多くのことを学びました。初めの頃は表現することが難しく不安もありましたが、練習を積み重ねていくうちに少しずつ自信がついてきました。みんなで一つのお芝居を作り上げることは楽しいし、お客様に喜んでいただけるととても嬉しいです。今回も皆と心ひとつに、たくさんの人に喜んで頂けるようなお芝居をつくりたいです。

池北美絵子 

 5年間の「みすゞ塾」での友達関係、年下の子の面倒見たり、皆で協力し合う事、礼儀など、家庭、学校、学習塾とは、またちがったことが身に付いたと思います。度胸もついたかな? 緊張することの緩和は、学校の部活でも役に立ったみたいです。親子ともに、成長できたような気がします。いつか、「蕪っこ」のような劇団が、再開できたらと、ずっと心のどこかにあります。「蕪っこ」卒団生の皆さん、そして、昔、舞台を見た人も大勢いると思います。子供から、大人まで、皆で楽しく「あそびの塾」で、お芝居創りませんか?

中川亜紀子

 娘がみすゞ塾に参加させていただき、みすゞ塾と共に成長してきました。初めは恥ずかしそうにしていた子ども達も練習を積み重ね、発表会では自信を持って堂々と歌ったり演じたりする姿をそばで見てきました。子ども達の成長、パワーはすごいなぁといつも感心させられます。今回も、たくさんの仲間と遊びながら楽しく、生き抜く力、優しい心を育んで欲しいと思います。