子どもたちと過ごした半世紀を振り返る!!!

                         準備中です

              (舞台出演の際の、諸々、失敗談、エピソードなど)

 

子どもたちから、たくさんのことを学びました。みんな立派になって、芸能界をはじめ多方面で活躍しています。昔の事は触れたくない人もいる思いますが、思い出の一コマとして、名誉を守りながらエピソードを掲載します。もちろん私自身の失敗談もあります。子どもたちに対して、常に自分の子供のように優しく接したつもりですが、厳しかったという声も聴きます。現在でも、私の姿を見ると「怖い」といって逃げる有名俳優もいるらしい。(笑い)


管理人の失敗事件簿?(例題)

①「人間国宝の大御所との打ち合わせを忘れていた」

②「コピーがない時代、著名作家書下ろしの脚本(生原稿)を電車の網棚へ忘れたー四ツ谷駅

 

子どもたちと、お母さんのエピソード?(例題)

①「開演とともに、緞帳に乗ってお母さんが飛んで行った!」

②「舞台稽古中に、大物歌手座長の前でお漏らし?」

③「時代劇で、真っ赤なスリッパで登場した姫君」

④「開演時間に、地下食堂でランチ食べていた話?」

⑤「お巡りさん連れて本人楽屋入りしたが、お母さんが行方不明?」

⑥「病弱な娘役の女優が舞台本番中に本当に眠った話」

⑦「お盆の間、出演者が一人増えていた劇場?」

⑧「俳優が来ていない! という劇場スタッフからの怖い電話①②③④⑤」

⑨「楽屋泥棒」「楽屋変態男」捕まえた話!

⑩「火事だ!と大女優が舞台へ飛び出してきた神戸の話」

 ※その他、数えきれないほどあります!